研究 – Research

私たちのベストなアイデアについて疑う余地のない時もあるでしょう。例えば、ルミナスパークは内向性と外向性をどちらも別々に測定しています。実はほとんどの他のツールではそのような測定をしていないことを知り驚くかもしれません。

ルミナラーニングは性格の両極をどちらも平等で前向きに計測することの価値に重要性を置いており、世の中に広まっているツールにありがちな先入観を与えるリスクを避けています。
History, idea, method of Lumina Learning

ルミナラーニングの発展

Greek origins of psychometrics
ギリシャ人はユーモアを「冷静」「憂鬱」」「楽天」「怒り」の4つに分けて理論を唱えました。ギリシャ人は心より体についてよりよく知っていたことを踏まえて、その時代にはそれは芸術的な性格として定義されていました。

後に、アイゼンクはギリシャ人がビック5の中で実験で証明されている2つの要因を見つけることに成功したと伝えています。ルミナスパークはそれらの要素を内向性/外向性、そしてリスク・リアクター/リワード・リアクターとして言及しています。

Carl Gustav Jung
ユング (1921) はユーモアや組織で長年の自己認識を向上する実用的なモデルの性格理論において著しい発展を遂げました。ギリシャ人と同じようにユングも内向性と外向性の要素を認識し、その以外にも感情的/思考的、直接的/感覚的の二つを明らかにして名付けました。

しかし、ユングは統計的な分析よりもケーススタディーや逸話を基にした研究をしていました。1921年のユングの理論は、後にビッグ・ファイブの3つの要素が有効であることがわかったことで、当時のユングの理論は正しいことが確証され、彼の洞察力は大きな功績であったことは間違いありません。ルミナスパークはその3つの要素を内向的/外向的、人間重視/結果重視、ビジョン重視/堅実と名付けました。
Origins of the Big 5
1936年にAllportとOdbertが主要な性格の要素を模索し、4500単語以上にも及ぶ情報源を築き上げました。1940年代にはRaymond Cattellはこの分析を続けて、人間の性格には16の要素があることを結論づけました。後に、Fiske(1949)がCattellの分析の誤りを発見し異議を唱えました。Eysenckが3つの要素、Ashtonが6つの要素を主張する中、Fiskeは5つの要素は人間の性格にある差異から成り立っていることが結論づけました。

1950年代にTupesとChristalがさらに研究を深めるまで、最初のビック・ファイブモデルの誕生には至りませんでしたが、1963年にNormanが彼らの研究を繰り返し行うことにより、ビッグ・ファイブモデルは学問において性格を研究するための分類学として少しずつ受け入れられていきました。
The Psychometrics Barren Years
1960年と70年代は行動主義者や他の学者が性格理論を棄却したことで、性格研究の分野において不毛な年月でした。(1968年のMischelの特性理論の非難を参照)しかし、ビジネスの世界ではMischelの影響はほとんど見られず、ビジネスをする人々は先を見越して、よく知られているユングのアプローチを活用していました。ビジネスでは最善の学術的なアプローチの追求よりも、「どれがうまく行くのか」ということを重視しているのです!

MyersとBriggsはユングの3要素モデルを採用し、ビッグ・ファイブのうちの4つの要素を補うための、もう一つの要素を追加しました。DigramとDeYoungはより高い2つの因子を別々に発見し、ビッグ・ファイブを2つの領域に分けてシンプルな形にしました。さらに物議を醸すように、Musekは5つの要素全てを一つの性格要素にまとめました。学問的には興味深いとされている「Big One」はあまり実用的ではなかったのです。これらの研究の全ては学問においての性格研究を有利な流れに変えていき、1960年代のMischelの懸念による不毛な時代を払拭したことを示唆しています。
The development of Lumina Learning
1980年代から1990年代にかけて選択理論としてビッグファイブが登場し、CostaとMcCraeのモデルの先駆けとなりました(1992年)。そして、この二人がビッグファイブの学術研究において究極の判断基準を作り上げました。ルミナスパークは組織の採用や開発で適応できるようビッグファイブやユングの成功事例を組み込んで考案したものです。

特に、ルミナスパークはタイプ分けに依存せずに(例えのことわざ:「赤子と湯水を共に捨てるなかれ」)性格の両極を平等にきちんと評価するというユングのアプローチを確立したことで、ルミナスパークの有益性を維持することに努めました。ルミナスパークは、実証されたビッグファイブの研究に基づいて開発されましたが、性格を理解しやすくすることに役立つユングの考え方も盛り込んだ形で提供しています。2009年にはルミナスパークモデルを革新的なクラウドベースのプラットフォームに組み込み、世界中のクライアントが活用することができる画期的なデジタルソリューションを構築しました。
Don't force the choice

どちらか一方の選択を強制しない

ルミナスパークの特徴として、スパークの質問票は各極性の両極を別々に測定しています。対照的に、ユングをベースとしたほとんどのツールでは「パーテイーに行くのが好きですか?又は本を読むことが好きですか?」と言ったように、「強制的な選択」として回答者は外向的(パーティー好き)又は内向的(読書家)のどちらか一方を選択するように強いられているのです。このような強制的な選択は実際には間違いなのです。

そのため、スパークでは回答者がそのような誤った選択をしないように設計されています。各コンセプトの両極を測定するには別々の質問が用意されています。それにより回答者はパーティーが行くことが好きであり、本を読むことも好きである(またはどちらでもない)を選択することができます。これは5択のリッカート尺度を使用することで、回答者がより多く回答することができるため、より正確に自分の考え方を示すことができるようになりました。
All of your personality

あなたの個性、いつも

組織の人財開発において、2つの両極をどちらも発展させて、組み込むできることは大きな利点であるという研究が存在しています。例えば、結果を出すためにどのように意欲と対人能力が融合できるのか?を個人一人ひとりが理解するためにルミナラーニングを役立てることができます。
3つのペルソナ(内在する自分、日常の自分、行き過ぎた時の自分)を測定することで、1つのプロファイルで全ての状況においての性格を知ることができるため、他のモデルや性格テストを追加で受ける必要はありません。

そして、ルミナでは日常の自分や行き過ぎた時(性格や状況の一部分)の自分を測定する上で両極の片方のみを測定するのではなく、3つのペルソナの全てにおいてどちらの極性も測定しています。このことによってあなたの持っている性格の全てをどんな状況においても知ることができます。

グローバルネットワークを閲覧する

ルミナラーニングは経験豊富なエキスパートとプラクティショナーが世界40カ国以上に在籍するグローバルネットワークです。
Find your nearest expert

ユング、ビッグファイブ、ルミナ因子との比較

ユング/4因子 ビッグファイブ/5因子 ルミナスパーク/10因子
内向性か外向性か/I or E 外向性/E+ to E- 外向性 E+/内向性 E-
感情的か思考的/F or T 協調性/A+ to A- 人間重視 A+/結果重視 A-
直感的か感覚的/N or S 経験への開放性/O+ to O- ビジョン重視 O+/堅実 O-
判断的か認識的か/J or P 良識性/C+ to C- 規律重視 C+/直感重視 C-
通常測定されない 神経症傾向 リスク回避 N+/褒美追求

ユング vs ルミナスパーク仮定

下記表の左側は数十年に渡って考えられていたユングの仮定です。右側はそれと対照的なビッグファイブとルミナスパークが主張している概要を説明しています。
ユングの仮定 ルミナスパーク/ビッグファイブの実証研究
合計4つの要因で性格を定義することができます。これらの4つの要素は「二峰性」であり、人の極性は常にどちらか片方の極性にしか存在することができません。それは要するに人は内向的か外向的のどちらかでなくてはならないということです。(両方を持ち合わせることができない)
性格を定義するためには5つの要素(4つではない)が必要です。これからの5つの要素は「二峰性」ではなく、「標準」分布を形成しています。さらに、Tettの「特性活性化理論」のようにさらに現代的な研究では、人は状況により反対側の性格を持つことができ、タイプ分けの単純さに異議を唱えています。ルミナスパークでは状況の変化に応じて、内向的でも 外向的でもあることもできると考えます。
各4つの要素には2つの両極性があります。

人は一人に対して4つの各要素のどちらかの極性に属しています。人によっては明らかにどちらの極性と強い関連性を持つ人もいますが、人によっては両極性の真ん中に近い人も存在し、そういう人のタイプを明確に読むことは難しいでしょう。

それにも関わらず、ここでの割り当ての後に人はそれぞれ4X4のマトリックスでできた16の性格タイプのマス目に入ります。
各5つの要素はルミナラーニングで言う「クオリティ」にあたります。個人は連続した極性のどこであっても計算することができ、ユングの唱える「タイプ」の概念は単純で経験に基づき正当化できません。

正規分布の要素の真ん中で任意の型を強制的に分割すると、16種類のテスト/再テストの信頼性が損なわれるという意図しない結果が 生じます。これにより、ある人が1つの質問に異なる回答をすると違うタイプの人になるということを引き起こすため、心理学的に魅力的ではないでしょう。
4つの指標-感覚的、直感的、思考的、感情的-この中で「主要」となるものは、4つの指標の最も高いスコアによって決まるものではなく、判断力や認識力など追加の指標を基にした計算によって決まってきます。

さらに、判断的、認識的の要素が個人の8つのユングの態度関数の順序を決定しています。(それでも、この順序はほとんど実証された裏付けはありません。)
5つの要素の相対的な強さを決めるために、判断的、認識的のスコアを基に計算する必要はありません。そうではなく、もっと単純な方法として個人がどの程度ある要素に対しての嗜好レベルを持つかとういうのは、そのスコアの強さによって決まります。

さらに、違うクオリティを使う順番について裏付けされていない仮定ではなく、3つのペルソナそれぞれにおける各ルミナスパークのクオリティの強さは複雑な仮定を必要とすることなく直接測定して評価しています。
moodys analytics logo
他の性格測定ツールでは、様々な側面においての質問が二者択一であることが多いです。私にとってルミナラーニングが好きな理由というのは、男性または女性といた双対性を伝えようとしている点だと思います。とても使いやすく理解しやすい、そして組織のメンバー全員にとって共通点を培うことができるツールだと思います。測定結果によって、人が繋がりもっと効果的なコミュニケーションを実施することができる素晴らしいツールであることは間違いありません。

Ted Huang

Moody's Analytics / プロダクトストラテジスト